profile History Diary 平和へのメッセージ Book List DVD List BBS Link
BBS
使用方法
Name E-Mail
Title 削除キー (半角8文字以内)
内容  ・適当に改行を入れて下さい。
 ・スパム書き込み対策のため、この欄にURLは書き込めません。
URL
 
【148】ご存知でしょうか… 【投稿者】くりおね  2010/04/02(Fri) 12:37:36
飯田さん こんにちは

今月号の 日本映画naviの オススメDVDに 
【黒帯】が紹介されていますよ!!

沙粧妙子最後の事件、帰還の挨拶のDVD化 といい

…私自身が 飯田さんの本を読んで、(まだまだ 途中ですが…)
そして TV【アナザヘヴン】を完結まで観て 解った事が 有ります。

偉そうな事 書きますが お許しを…
飯田さんの才能は 早く世の中に出過ぎたんです。
今 ようやく 世の中が 私たち受け手が あなたの足元に辿り着いた気がします。

あなたの才能は 絶対に サリエリにはならない
あなたの書く物や 作り出すモノ達は 全てに個性が有って 物まねではないから とても 素晴らしいです。
何より底辺に優しさが有るから 良いんです。

時代や 受け手も 成長します。

私は 飯田作品 好きです。
今更の 遅咲きの応援者ですが…こんな人達 大勢いますよ
【147】沙粧妙子 【投稿者】飯田譲治  2010/04/02(Fri) 05:50:54
沙粧妙子最後の事件、帰還の挨拶のDVD化が決まりました。
6/25発売です。

これは嬉しい出来事だ。

>くりおねさん

アナンを読んでもらえるなんてこれも嬉しい出来事です。
【146】アナン 【投稿者】くりおね  2010/03/26(Fri) 15:07:07
飯田さん こんにちは

書き物に根を詰めすぎて 無理し過ぎないで下さいね
睡眠はちゃんと とってくださいね
どんな作品が出来るんでしょう…お話の主題は?楽しみです

今 遅まきながら 飯田作品デビューです
【アナン】読み始めました…今更ですよね

しんしんと染み入る 人間の本能や親子の関係
少しずつ 読み進めています。

流やギリコの配役を 頭に描き いつものように読んでいます。
血の通った俳優さんに 演じていただいております。

ゆっくりと でも 少しずつでも 歩みを止めずに居てください
私も 少しずつ 飯田作品の世界に埋没いたします。
ふぁいと〜
【145】お早うございます。 【投稿者】飯田譲治  2010/03/25(Thu) 05:47:45
お早うございます。
最近、ずっとずっと書き物をしています。
今起きたのではなく、ずっと起きていました。
しかし、なかなか思うようには書き進められませんね。
余計なことばかりしています。

中国と韓国を巡ってきて、そんなに疲れるようなことはしていなかったつもりなんですが、やっぱり移動距離が長いと人は消耗するもんなんですね。
なかなか物語の中に戻っていけずに苦労してしまいました。
しかし、少しずつ進んでいます。がんばろう。

>くりおねさん、

アナザヘヴンのテレビシリーズを見てもらえて嬉しいです。ありがとう。
ぼくも、昔に観た時には少しも面白さがわからなかったものが、時を経て観なおしたら感動したということがあります。
人は変化していくものなんですよね。いい方向に変化していけたらと、いつも思ってます。

>さくらさん、

今、執筆しているものがいい形でみなさんのところに届けられたらと思ってがんばってます。

>八百さん

木枯らし紋次郎のCD、なかなか味わいのある話でした。
テレビシリーズ、好きでした。
同じ時に購入するとは、シンクロニシティというやつですかね。
書き込みを見て、ぽくも嬉しかった。
お互い、がんばりましょう。

>ジョン・ドゥさん

ジョン・ドゥさんの書き込みを見てから、ネットで検索して、ぼくも久しぶりに「幻想ミッドナイト」のオープニングを観ました。
当時、怖過ぎてオープニングを観てチャンネル替えたという人がいて少しがっかりしたことがありました。
でも、あのオープニングには思い入れがあったんです。
完成してしばらくしてから、あの炎の色をブルーにすればよかったと思ったことがありました。

>ぴょんさん

メッセージありがとう。
これからもがんばります。

もう少ししたら、よい知らせを届けられると思います。

それではまた。
【144】sade 【投稿者】くりおね  2010/03/10(Wed) 23:28:09
初めまして 

飯田さんと同い年のものです
sade良いなぁと 思っていて、diaryで発見!
なんだか 嬉しくなって 初書き込みさせて頂きました。
霧の向こうから 聴こえてくる感じが 好きです。

最近【アナザヘヴン  eclipse】を いっきに観まして
改めて 非暴力のメッセージやら なんか ドンっと響きました。
テレビ局が 映画と連動させた ホラーだと思って 
反抗期息子の子育て真っ最中の私は 途中棄権していて…
ごめんなさい

でも 全てが最後に繋がる おしゃれで良いドラマでしたね
大人のドラマでした…最後まで観て 話が繋がるなんて
そういう 余裕の有る大人のドラマ また作ってください
今度は 途中棄権せず 謎について行きます。

時が経って 理解出来たり 良い物が解る事って大切だと思います。
私の様な 受け手も 成長しないとダメですね。
【143】No Title 【投稿者】さくら  2010/03/09(Tue) 17:46:09
おめでとうございます!

ぞくぞくするドラマってなかなかお目にかかれません。
特別なシチェーションを求めているわけでもないのになにかドタバタした感じで心に残りません。役者さんも気の毒な気がします。
でもやはり次はどんなドラマが始まるんだろうと期待します。
【142】木枯し紋次郎 【投稿者】八百  2010/03/05(Fri) 01:01:05
約1年ぶりの書き込みです。

久しぶりに貴HPにおじゃましましたら、うれしいシンクロがありましたので報告させて下さい。

貴ブログのアップ日と同じ2010年1月26日に「芥川隆行が語る・木枯し紋次郎」のCDを入手。その夜には聞いておりました。
不思議な気持ちより、うれしい気持ちです。

笹沢佐保の代表作でもある「木枯し紋次郎」は人間不信の物語でもあるわけですが、主人公の紋次郎の頑なな生き方、その心に隠したやさしさ、今でも私の人生の教科書となっている作品です。

もちろん飯田監督の「NIGHT HEAD」の最初のTVシリーズも私の心の教科書です。
精神世界に興味を持つきっかけを与えてもらった作品です。

1年前に書き込みした「厳しい状況」からはまだ脱していません。
飯田監督も数年前は、まだ企画が通らなかったり、思うように事態が進まなかったりしたようですが、私はまだまっただ中のようです。
お互いにがんばって生きましょう。

では、また訪れたときにはコメント残します。
【141】誕生日おめでとうございます。 【投稿者】ジョン・ドゥ  2010/03/02(Tue) 23:57:23
初めて書き込みをさせていただきます。

普段から“恐怖”をテーマとした映像・小説を愛好する者ですが、
ふと、以前に“恐怖”の根源を的確に解説している短編ドラマシリーズのオープニングがあったような…と思い、
検索したところ「幻想ミッドナイト」の動画を見つけ、そのクオリティの高さに改めて感動し、こちらのHPに辿りついた次第です。
ちょうど監督の誕生日に巡り合わせ、お祝いできる僥倖に感謝。

表現するものの形がいくらか変わられても、大人の感性に耐えうる作品づくりの姿勢は、それを求める者には心強いものです。

ぴょんさんと重なりますが、監督にとって望ましい年となりますように。
【140】おめでとうございます! 【投稿者】ぴょん  2010/03/01(Mon) 22:21:40
監督、お誕生日おめでとうございます!!

NHを撮られた頃は、今の自分よりもお若かったんだな〜、と思うと、やっぱり凄いなぁと思います。

私は普通に地上波を見るのに忙しいようなタイプですが、監督の携わられた作品は、格別に心に残っています。
小説も、他のものはあまり読み返すことは少ないですが、NHやアナザヘヴン2、アナンなど、何度も何度も読んでいます。

また作品を拝見出来る日を楽しみにしています。

監督にとって、より望ましい一年になりますように!!(それはファンの幸せでもあります)
【139】誕生日 【投稿者】飯田譲治  2010/03/01(Mon) 20:09:20
今日、51歳の誕生日です。
50歳の時もとうとう映画が作れなかったんですが、そろそろ禊(みそぎ)の時期もこれで終わりです。
いろんなことがありましたが、ちゃんと人生少しずつ進歩を繰り返していたんだと証明できるようにがんばります。

昨日、なんとなく、龍馬の話を見ました。
綺麗な映像で、スタッフが力を込めて作っているドラマです。
しかし、51歳の年齢になって時代のヒーローを年下の人たちがやっているのを見ると、カリスマな雰囲気を感じ取るのがなかなか難しくなってきます。年齢を重ねるというのはそういうことなのかな。

思うんですが、今は地上波はどんなものでもドラマの対象年齢が小学生くらいからになっているんですね。
大人のドラマは地上波から消えつつあります。
恋愛と性的なニュアンスの両方を大人な視点から描くことはもう地上波では不可能なんだなぁと思います。視聴者の感覚がどんどん若くなっていて、作り手がそれに合わせているってことなのかな。
だから、海外の大人向けドラマの存在はぼくにとってはとても嬉しいものです。

求める人が減っていったとしても、ぼくは、大人な感覚の人たちを対象にした物語を作っていきたいと思ってます。

51歳の一年もがんばりましょう。

[前の10件] [次の10件]

全ページ数 / [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42]
削除フォーム
記事NO
(半角数字)
削除キー