profile History Diary 平和へのメッセージ Book List DVD List BBS Link
BBS
使用方法
Name E-Mail
Title 削除キー (半角8文字以内)
内容  ・適当に改行を入れて下さい。
 ・スパム書き込み対策のため、この欄にURLは書き込めません。
URL
 
【128】流れ 【投稿者】ぴょん  2009/11/18(Wed) 22:45:05
市場は動くものだし、流れが出来ると大きく変動したりもするんじゃないでしょうか。
アメリカのドラマが、どんどんいい作品を作れるようになったように、何がどう変わるか、分からないものなのかも。

私個人は、監督が日本で活動してくれることが、とっても嬉しいことです。
困難は想像が追いつきませんが、飯田さんの挑戦が、大きな実を結ぶ日を楽しみにしています。
それを自分の励みとして、私も頑張ろうって思いました。

最近気持ちが弱くなって、それが書き込みの文章にも表れていたな、って思います。
ここに書き込んで、気がつきました。
頑張ります!(頑張るっていうのも、頑張れっていうのも、苦手ですが、敢えて言ってみます)

監督も頑張ってください!
【127】喜多さん 【投稿者】飯田譲治  2009/11/14(Sat) 22:45:32
実は最近、喜多さんの第一話を自分で見直してみました。
現場のみんなの力もひとつになっていて、いいグレードの作品になっていると思います。
正直、あれのお客さんが極端に少ない市場を相手に仕事をしてはいけないんじゃないかと、ふと考えたりもしました。
でも、世界は常に変化しているものなので、そう決意したわけではありません。
挑戦こそ、価値のある行為ですよね。がんばろう。
【126】赤い殺意 【投稿者】さくら  2009/11/14(Sat) 19:00:33
何度かケーブルチャンネルで私も衝撃を受けています。
あれほどの映画に出演されていて、というより春川ますみさんだからこそ、あの映画の緊迫感が生まれているのかなぁ・・・なんて思います。


テレビドラマ・・・ やはり喜多さん以降、よくなるどころかますますドラマ離れを推し進めるかのような作品ばかりで、残念です。
実は我が家の男性陣は海外ドラマが中心なんです。「JIN」は男性受けがいいのかもしれません。女性のなかにも意外と大河ドラマや朝ドラをコツコツ見続けている人もいます。何か根拠のあるものを求めているのかもしれません。
【125】ダメージ 【投稿者】飯田譲治  2009/11/14(Sat) 03:32:43
ダメージは知的な大人のドラマだと思います。
今、地上波ではあんまり複雑なことは考えずに気楽に観られるものが溢れていて、いつの間にかそういうもの以外は地上波の世界からは締め出されてしまっているという気がします。
「そんなんじゃ今の視聴者はついてこない」
「ながら見でもわかるようなものじゃないと視聴率は取れない」
「演技力より認知度」
二〇年くらい前からずっと、そんな方針でドラマは作られるようになっていました。
その結果、テレビのマーケットは今のような状態に。
そして、そうじゃないものを観たい人たちが外国のドラマを観るようになっていった。
それがみんなの望んでいるものだとしたら、それが正しい現象なんだと思います。
でも、そうじゃないシーンを望んでいる人たちも少しずつ増えているんじゃないでしょうか。
「JIN」が成功していることはいい兆候なのかもしれません。
【124】残念ながら 【投稿者】ぴょん  2009/11/13(Fri) 21:06:55
最近ちょっと気持ちが弱っているせいか、プリズンブレイクは6話まで見てみたんですが、あの刑務所内の雰囲気になじめず、今のところ中断しちゃいました。
内容的には興味深々だっただけに、我ながら無念です。

ダメージという作品は、最寄りの(と言っても隣町ですが)のレンタル店では置いてありませんでした。
見つけたらチャレンジしてみます。

思い出したのですが、そういえば4400をこちらの書き込みで興味を持って、見たことがありました。
あれは結構興味をひかれて見ていたので、未完で終わってしまっていたのがショックでした〜〜〜。

レベルの高い作品は、見るのにもエネルギーが必要なので、ドラマのすべてがそういう作品だけになったら、それはそれで困るかもしれません。
画面に噛り付いて、集中して観たい作品と、疲れた夜に気楽に観れる作品と、どっちも欲しいというのが、わがままな視聴者の本音かなぁ。
どっちも作り手の側の皆様は、一生懸命作っていらっしゃるのでしょうけど、でも時々、「頑張ってるのに、なにかが惜しい」と感じることはありますね〜。
一生懸命が空回っちゃってる、ってのも、それはそれで。

あとは、見る側にも才能っていうか、能力の差はあると感じます。
あまりテレビとか見なれていない母は、ドラマの時々で「今のってどういうこと?」と聞いたりしますし、一つの番組が終わって次の番組になっているのも気づかないこともあります。

いろんな方が、いろんな意識で、いろんな状況下で作品を作っているんですよね。
でも視聴者もいろいろな人がいて、いろんな観方で観てる。
監督の作品を心待ちにしている人もたくさんいます。
これからファンになる人も。
【123】ダメージ 【投稿者】飯田譲治  2009/11/01(Sun) 21:02:46
ダメージはずっとNHKBSで吹き替え版を見ていたんですが、CSでまた原語で見直してます。
みんな過剰にならない抑えた演技で、BGMもうるさ過ぎず、大人な雰囲気のドラマでいいですね。
コールドケースは見てないんです。CSのクローサーは何話か見ました。
今は、連続ドラマの醍醐味はやっぱり連続してひとつの話を作り上げることのような気がしてます。
一話完結ものも、もちろん嫌いじゃないんですけど。

ときどき、地上波やその他奇妙なものを目にしてしまうと、主流な部分ではレベルの高いものをまったく望んでいないんじゃないかいう印象を持ってしまってちょっとガッカリしますけど、それでも自分が信じる方向を見てがんばるしかありません。
誰も手を抜こうとは思っていないはず。自分の置かれた状況の中で精一杯やってるんですよね。
【122】ツインピークス 【投稿者】KEI  2009/10/30(Fri) 16:33:06
(i)の発売、おめでとうございます。
私もパソコンで読み始めたものの、目が疲れてしまって、なかなか継続して読めませんでした。
早速購入して、じっくり読ませていただきます。

さてさて、海外ドラマといえば『ツインピークス』のブームを思い出します。最初はバイト先でビデオが回ってきたのを半信半疑で見始めたのですが、その後はすっかりはまってしまい…(^-^)
人の薦めにのりやすい私は『ダメージ』もCSで見始めましたよ。
「いったい何があってこういう状況になったんだろう?」という疑問と先の読めない展開に、次が待ち遠しくなります。

連続ドラマは1話見逃すと次はもういいか…と、見るのを止めてしまうこともしばしばですが、WOWOWで見ていた『コールドケース』は1話ごとに問題が解決するし、その回で扱われた事件当時に流行った音楽がBGMで流れるので、それも興味深いです。


【121】(i) 【投稿者】飯田譲治  2009/10/25(Sun) 02:56:00
(i)は、自分の体験したいろんなことを頭の中で整理しながら正直に書き記していったものです。
You Tube でほんとうに皮膚の青い人を見つけたときにはほんとにびっくりしました。
多くの人に読んでほしいです。

ぴょんさん、海外ドラマはいいのがいっぱいありますよ。
やはり、10年前にFOXが「24」を製作して成功してからテレビドラマの質がどんどん上がっていったそうです。
今では、映画スターが連続ドラマで主演するという昔は考えられなかった現象が当たり前になっています。
おすすめはダイアリーにも書きましたが、グレンクローズ主演の「ダメージ」1stシーズン。これは絶品ですよ。ほんとに。
それから、やっぱり「プリズンブレイク」です。四話目くらいまで見続けられたら、あとはもう、とにかく見るのが楽しくなってきます。
「マッドメン」もすごいですよ。先進的なアメリカのドラマ界は、ある意味映画界よりも凄いことになっているのかもしれません。
ティムロスが主演した「Lie to me」も、まだ日本では未公開ですがよく出来てます。
「ロスト」のプロデューサーの新作ドラマ「フリンジ」も日本で公開されたら話題になると思います。
「Lie to me」のネタが、もう10月から始まった日本の連続ドラマで使われてました。
や、偶然かも知れませんが。
【119】(i) 【投稿者】ぴょん  2009/10/24(Sat) 22:07:01
パソコンや携帯で文章を読むのが、あまり得意でないので、出版を楽しみにしていました。
お財布に相談して、早々に拝読したいと思います。

新しい作品も楽しみです〜!!
最近テレビを見ていると、出演者だけじゃなく、製作スタッフの姿勢とか感覚とかが気になるようになってきました。
脚本がこの人だから見てみようとか、この監督はさりげない演出が出来るところが素敵だとか、10年前には気づかなかった感覚です。

海外のドラマってあまり見たことがないのですが、監督のお勧めは何かありますか?
【118】だいぶ間が空いてしまって…… 【投稿者】飯田譲治  2009/09/27(Sun) 02:20:35
ぴょんさん久しぶりです。

掲示板を放置してしまってて、めんぼくない。
ぴょんさんの書き込みにはなんにも問題ないのでご心配なく。

ここのところ、新しい作品の構想をずっと練っていました。
参考試写で、ダメージとプリズンブレイク観ましたよ。
どちらもすごく面白い。
脚本がよくできていて、役者さんが上手で、監督もプロフェッショナルで、ほんとに頭が下がります。
あんな作品づくりを日本でもできるようになりたい。
そう思って、一生懸命構想練ってます。

[前の10件] [次の10件]

全ページ数 / [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42]
削除フォーム
記事NO
(半角数字)
削除キー