profile History Diary 平和へのメッセージ Book List DVD List BBS Link
BBS
使用方法
Name E-Mail
Title 削除キー (半角8文字以内)
内容  ・適当に改行を入れて下さい。
 ・スパム書き込み対策のため、この欄にURLは書き込めません。
URL
 
【87】おめでとうございます! 【投稿者】さくら  2009/03/15(Sun) 15:21:10
3月生まれなんて、羨ましい限りです。
4月生まれの同級生はもうすぐ51歳なんですから・・・
4月生まれの私は最低半年はサバ読んで過ごしますけど。

40代を迎える頃の方が精神的にはギクシャクしていたような気がします。何を失って何を得てきたのか、まだわからないのですが、可能な限りこれからは五感を無駄にせず過ごしたい。

飯田監督の作品をひとつでも多く眼にしていきたいと思います。
監督、爪割れやすくないですか?
亜鉛のサプリは効きますよ^^ 余計なお世話だったら御免なさい。
【86】ご無沙汰です。 【投稿者】飯田譲治  2009/02/01(Sun) 13:33:54
だいぶご無沙汰してしまいましたが、執筆活動ずっとやっています。

いくつか進行しているんですがどれもまだ発表できる状態になっていません。
すみません。

ただ、ひとつだけ報告できることが。
梓河人著「ぼくとアナン」の文庫化、発売が進行中です。
詳しいことはまたお知らせします。

ユトリさん、新年のあいさつ、ありがとうございます。
今年もがんばりましょう!
【85】あけましておめでとうございます! 【投稿者】ユトリ  2009/01/03(Sat) 21:48:36
あけましておめでとうございます。

昨年は、なんと言っても喜多善男の年!でした。

スクリーンで監督の作品を見る感動は私にとって特別なものですが、
毎週毎週自宅にいながらにしてテレビで監督の作品に触れられる喜びは、楽しみ♪が数週間ノンストップという意味で、映画作品と同じか、それ以上に精神的にたくさんのエネルギーを与えてもらえるものでした。

個人的なことを書かせていただくならば、私は淡い恋心が成就しなかったことを少しばかり引きずっていたのですが、
そんな小さな経験と喜多善男が化学反応を起こし、生活が突然きらきらし始めました。
優しくなることが、自分にもできそう、と思わせてくれた作品でした。

2008年は、私にとって精神的にぐんと成長した記念すべき年になりました。

今年も、監督の作品に触れる機会を楽しみに待っております。
お仕事頑張ってください!
寒いのは、まだまだこれからですので、お体に気をつけて!




【84】謹賀新年 【投稿者】飯田譲治  2009/01/01(Thu) 01:58:16
みなさん、あけましておめでとうございます。

2009年は、今まで以上に、いろんなものの価値観が大きく変化したり、
大きなものが権威を失ったり、
予想もつかないような出来事が突然起きたりすることがあるんじゃないでしょうか。

自分の信念を貫いてものづくりをしていくことが、より大切になるんだと思います。

みなさん、今年もよろしくお願いしますね。
【83】ワイエス 【投稿者】さくら  2008/12/23(Tue) 13:18:23
この間NHKで、ワイエス展に合わせての特集番組を見ました。
初めて、あの絵の意味がわかりました。
彼は本当に優しすぎる人なんですね。名古屋に来たら
絶対行こうと思っています。

(i)は、もう少し続きが読みたかったです。
実は物語が半分くらいに、きた辺りで、偶然
高校時代からの友人(女性)に「見える」ことを
カミングアウトされてしまいました^^;

もちろん、私は素直に聞き入りました。20代前半くらい
までは、怖かったこと。ある時期から意識的に見えないような
術を得たこと(他の事を考えるとか)
今では、青い光の玉として見るそうですが、それはとても
キレイだなぁ〜と思うそうです。車を運転していたりすると
並行に走ってたり、家の屋根の上からストンと中に
落ちていったりするのを見たりとか・・・

しかし「前世療法」を受けに行った、その内容を聞いて
いると、私の中にちょっぴり「中村」が入ってきました。
でも、彼女自身がその結果で、過去も現在も未来も
受け入れている姿勢は、安心させられます。

もう年の瀬・・・ ノロウィルス、インフルにお気をつけて
お過ごし下さいませ。(水うがいが一番だそうです)
【82】ありがとう 【投稿者】飯田譲治  2008/11/27(Thu) 12:02:05
ワイエス展、東京渋谷文化村でやってますが、まだ行けてません。

現在執筆中のものは、来年にはお知らせすることができると思います。
もうすぐ12月ですね。
どんどん時間の流れが早くなっているようですね。
時間に翻弄されないよう、新作を作っていけるようにがんばります。

ありがとう。
【81】遅ればせながら・・・ 【投稿者】蹴斗  2008/11/20(Thu) 20:00:15
飯田監督、こんばんは。まだ引きこもり執筆中でしょうか。
寒くなってきましたから、どうかご自愛ください。


しばらく仕事で忙しく、こちらにもお伺いすることが出来ませんで、ATP賞の受賞、今ここで知りました。どのような権威のある賞なのかわかりませんが、とにかく業界でも評価されたことを、当時画面にかじりついていた僕も、本当にうれしく思います。感動しています。

監督の思いが、皆さんの思いが、きちんと届いてよかった。
そんな思いで、私も深く感動しました。

小曽根さんのサウンドは、今も私の心の中に残り続けています。
いくつもの印象的なシーンや会話が、いつでもプレイバックできます。
評価されない、わけがない。本当にうれしいです。

おめでとうございます。

喜多善男放映当時、無職で自分の人生に迷っていた私も、今は父親の会社に入り、東京を離れた知らない町で、ひとり、自分の人生をささげるべく方法を模索しています。そして今でも、初めて平太と出会った夜の、宵町しのぶとの時間を、うらやましく思いながら、「コットンクラブ」に思いを馳せて、監督のことも思ったりしています。

「ナイトヘッド」、「GIFT」を見てあこがれた、監督の世界の中に、また今も浸っています。「喜多善男」は、僕にとって、人生とは愛とは、ということを深く考えさせてくれた、幸せな時間であり、僕の人生のスタートだったのだろうと思います。やさしい時間を、改めてありがとうございました。

そうそう、緒方拳さん、深浦加奈子さん、本当に残念でしたね。

これからの監督の作品に期待しています。「I」も読んでみます。
まずは、受賞のお祝いとお礼まで。


そういえば、

今もまだ、「喜多善男」のスレッドが、某大型掲示板にあるのをご存知ですか?そこで、例の「イッキミ」の時のレポなどを見て、ああ、応募すればよかったな、と後悔しています。

作り手が受けた傷、とても気になります。しかし、今後の監督や皆さんの作品に、喜多善男のときと同じ、「愛」を、感じることが出来たら、私に出来る最大限の応援をしたいと思っています。

本当に応援しています。これからもお元気で、いつまでも忘れられない作品をたくさん作っていらっしゃってください。

ちなみに、僕も格闘技始めてみようかと思っています(笑)。
【80】次作 【投稿者】飯田譲治  2008/11/05(Wed) 12:27:17
今、また引き篭もりで執筆してます。

早く、外に出て仕事ができるようになりたいんですけど、そのためにもいろいろと書いていかないと。

がんばります。
【79】i!! 【投稿者】ゆうすけ  2008/11/01(Sat) 07:44:28
飯田監督!!
お返事頂けてうれしいです!ありがとうございます。
本当は、iは、すぐに読み終えたので、
感想を書きたかったのですが、
連続投稿になってしまう、
自分ばかりこちらに書いても。。と気がひけて
ちょっと時間をあけてしまいました。。

執筆お疲れ様でした!
恥ずかしながら、僕は監督の映像作品は全部見てますが、
小説を読むのは初めてでした。
そんな自分にも、とても読みやすく、
どんどん引き込まれていき、更新が待ち遠しかったです
完結して、素直な感想は、、もっと読みたい!!ですw
やっぱり、監督の独特の考えというか、
世界が好きです。
神についての考えや、人間がもってる悪意について、
人間の争いや、この世界そのものについて、
監督の作品に触れると感じる、一貫したテーマが
iでもすごく感じました。それが好きです!
それと、カルマやチャネリングという事を初めて知りました。
監督は、新しく公開されるX-FILEは興味お持ちですか?
なんかうまく感想が書けません。文が下手ですみません、
ただ、iよかったです!と書き込みたかっただけなので、
返信しにくい書き込みなので、読んでもらえるだけで十分です!w

これから勇気を出してw監督の本も手を出してみたいと思います!!
ATP賞受賞おめでとうございます!
NHKのニュースでもやっていました!ファンとしてもうれしかったです!!
【78】(i) 【投稿者】飯田譲治  2008/10/22(Wed) 14:14:10
(i) 完結しました。

当初の予定よりもだいぶ長くなってしまったのですが、
毎日連載だともっと続いてもいいような気がしてきますね。
毎日楽しみにしていた方々、すみません。


To ゆうすけさん

自分の残した作品には、自分の中で納得できない部分も多いのですが、
最近、ぼくの映画を好きだと言ってくれる人にお会いする機会がたまにあって、不思議な気持ちになります。
ATP賞という価値のあるものを作品が受賞したこともあり、
なんだか次の作品を作るための力を与えられているようで嬉しいです。

ありがとうございます。

[前の10件] [次の10件]

全ページ数 / [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42]
削除フォーム
記事NO
(半角数字)
削除キー