profile History Diary 平和へのメッセージ Book List DVD List BBS Link
BBS
使用方法
Name E-Mail
Title 削除キー (半角8文字以内)
内容  ・適当に改行を入れて下さい。
 ・スパム書き込み対策のため、この欄にURLは書き込めません。
URL
 
【179】楽しみにしています 【投稿者】はまちん  2011/01/20(Thu) 20:18:21
ご無沙汰しています。最近久しぶりにポラロイド690で写真を撮ったら、猛烈に「ギフト」が観たくなって、ちょうどいま、戎岡の回を見終えたところです(笑) ものすごく好きなエピソードの一つです。

新しい作品の発表、楽しみにしています。
【178】謹賀新年 【投稿者】飯田譲治  2011/01/13(Thu) 03:48:15
おそくなりましたが、あけましておめでとうございます。
三年前からずっと、年末年始も執筆ばっかりしています。
仕事があるんだからいいことなんでしょうね。

昨日、やっと一本書き上げて、連続ものの脚本もあと一話で終わりです。
もちろんその後の直しもあるんですが、やっと、一年以上の執筆も終わりに近づいて来ました。

いつ、みなさんに発表できるのかよくわからないんですが、その時が近づいているのは確かなんだと思います。
今年は去年よりも、もう少し成果の出せる年になると思います。
がんばります。

八百さん、あけましておめでとう。
【177】謹賀新年 【投稿者】八百  2011/01/03(Mon) 05:01:52
新年おめでとうございます。
1年に1回くらいしか書き込みませんが、お元気でしたでしょうか。

昨年執筆し続けた作品、今年の早いうちに日の目を見れるよう祈ってます。

どこのドアを叩いても扉が開かない時期、というのはありますねえ。
わたしのここ2年間がそうでした。
わたしも今年は飛躍の年にしたいです。

ネットでたまたま購入したオラクルカード。
自身でたまに引いていますが、近い未来は当たりますねぇ〜。
本当に不思議です。

このように視えない世界に興味をもつきっかけは飯田監督の「NIGHTHEAD」最初のTVシリーズでしたから。わたしの人生にかなりの影響を与えていただいてます。

40代に入ってからいわゆる霊能者とか霊感が強い人の知り合いが増えました。視て頂くたびに正鵠な結果をだしてもらってますよ。

確実に視えない力があることを確信できましたし、本当に精度の高い能力者は、決してマスコミには露出せずに、市井の人として生きていることも知ることができました。

本当世の中は不思議でいっぱいです。
【176】12月も終わりですね。 【投稿者】飯田譲治  2010/12/22(Wed) 12:37:24
ブログが゜主流になっているネットの世界で、この掲示板は細々と続いていますが、
うれしい書き込みが多くて元気になれます。

かれこれ1年以上もの間執筆している作品のキャストも、少しずつ決まってきたようです。
来年の頭には発表ができるんでしょうか。
来年はぼくにとって、すごくいい年になるそうなので、わくわくしながら待つことにしましょう。

KELさん、朝青龍さんありがとう。
【175】懐かしくなって 【投稿者】朝青龍  2010/12/14(Tue) 03:49:32
はじめてきました。

飲みながら「もう一度見たいドラマ」の話をしてたところ
ギフトの話題になり、どうしても見たくなり、帰ってから今までネットで
DVDBOXなどを探してたのですが、どうやらでていない(?)模様・・・

失意の中、結局ここに流れ着きました(笑)

そこで、こちらのサイトでプロフィールを拝見してビックリしました。
(大変失礼ながら飯田さんことをよく知りませんでした・・・)

スゴイ作品を作ってこられたのですね。
(ナイトヘッドとか深夜ながら欠かさず見てました。)


あー、ナイトヘッドも見たくなってきたなぁ・・・

駄文失礼しました。。。
【174】いい風が… 【投稿者】KEI  2010/12/07(Tue) 23:27:06
嬉しいお知らせに、ウキウキしてきました。

『荒れ地を切り開いて、新しい道をつくって…』
そうしてできた道は広大な土地に真っ直ぐ伸びた一本道!?
飯田監督の信念を感じます。

新作、心待ちにしています。
【173】ありがとうございます。 【投稿者】飯田譲治  2010/12/07(Tue) 16:38:21
まさしさんありがとうございます。
このタイミングでこのような文章を読ませてもらえるなんて、とても嬉しいです。

現在、新作、連続ドラマの準備をしています。
今年の八月には発表できるかと思っていたのですが、とにかくすったもんだでのびのびになって、結局、いつ発表できるかもわからないまま迷走しています。
でも、そのうち、いろいろなことが整って、みなさんに報告できるようになるのではないでしょうか。
誰かが作った舗装道路を行くのではなく、荒れ地を切り開いて、新しい道をつくっているような、そんな作品なので、すったもんだは仕方のないことですね。
やっと、いい風が吹き始めたのは確かだと思います。
がんばります。
ありがとう。
【172】飯田さんの大ファンです 【投稿者】まさし  2010/12/04(Sat) 23:15:56
映画アナザヘブンを知って以来、飯田さんの作品に常に関心を寄せています。
アナザヘブンの予告編を見た時点でハマってしまい、ノベライズまで読んでしまったくらいです。


人間が誕生して以来、世の中には常に悪意と苦しみが満ちていること。
当然のことではありますが、この事実を否定せずに描いている作品が僕は大好きです。

更に一歩進んで、悪意や苦しみがあるからこそ人間は素晴らしいというメッセージのある作品はもっと好きです。

つまり、アナザヘブンをはじめとした飯田さんの作品は見事に好みです。

松雪泰子さんや柏原崇さん、市川美和子さんをはじめとした俳優さんたちも、アナザヘブンのグロテスクで人間を超越した世界観にぴったりで、本当にアナザヘブンは秀作だと思います。


飯田さんの日記に書かれていた

>オリジナルシナリオがあり、物語のイメージに合うキャストを選び、
>良質のドラマを作ることでビジネス的にも成功させるという製作サイドの考え方は、
>今や日本のドラマ世界では滅びて跡形もなくなってしまったものです。

この点、凄く理解できます。
現在の日本製作のドラマや映画は、興行収入の成功から逆算していくので、
作品に対して凄く違和感のある俳優さんだったり、過去の作品のリメイクばかりだったり。

実はこのメッセージを書くきっかけとなったのが、先日久々にアナザヘブンの映画をDVDで観まして、
アナザヘブンのような完璧な作品は二度と製作されないと感じたことがあったからです。

アナザヘブンという非の打ち所のない傑作を見ながら、
もし今アナザヘブンが作られていたら、あの絶妙な配役や結末はありえなかったのだろうなと残念に感じました。

なぜ日本では廃れてしまったのでしょう。
「成功させよう」ではなく「失敗させない」という守りの行動になってしまったことが原因のひとつだと僕は思っていますが。

最後になりましたが、
飯田さんの新しい作品、楽しみにしております。
【171】いまさらですが 【投稿者】ぴょん  2010/07/25(Sun) 21:00:08
アナザヘヴン2を、もう何度も何度も、読み返しています。
ビデオも何度も観ています。

今日、ふせんがいっぱい付いている文庫を、もう何度目か分からないんですが、読了し、初めて、泣いてしまいました。

満たされて、癒されて、涙が出るというのは、私個人では、なかなか起きない現象です。
アナンでも泣いたのですが、何度も読んでいるアナザヘヴン2で、今更ながらに泣くとは思っていなかったので、ちょっとびっくりです。

何度も読んで、ちょうどタイミングもあって、色々な意味で条件がそろって出た涙なのでしょうが、心が、ふっと軽くなりました。

自分を、あんまりにも傷つけすぎてきた、その理由も、最近になってようやく分かって。
分かった所で、もうどうしようもない気がしていたけれど。

また、ここから始めます。
自分が選んできた道を、悔やまずに。

いつも、いつも、いつも、何度も、飯田作品には欲しいタイミングで支えや気付きをもらってきた気がします。
乗り越えるためのハードルも。

あんまり言葉を重ねると、重くなっちゃいそうなので、今はそれだけ。
飯田作品に出会えたことに、感謝しています。
【170】パワーの源 【投稿者】カタカナの子  2010/07/17(Sat) 22:38:41
井上ひさしさんが飯田さんにとってすごい表現者のように
私にとっては飯田さんは大きな感動を与えてくれるすごい表現者だと
勝手に思っています。
自分に自身がなくなって不安にかられたりすることも多いのですが、
飯田さんの描く人物が苦しみながらも人生の中で美しいものを発見したり
迷いや弱さの中でも強靭な何かを体現していくのを真のあたりにすると、
人生は生きて行く価値のあるものだと思えるし、読んだ後
心身共にパワーがチャージされる感じがします。なのでとても感謝しています。




[前の10件] [次の10件]

全ページ数 / [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60]
削除フォーム
記事NO
(半角数字)
削除キー