profile History Diary 平和へのメッセージ Book List DVD List BBS Link
BBS
使用方法
Name E-Mail
Title 削除キー (半角8文字以内)
内容  ・適当に改行を入れて下さい。
 ・スパム書き込み対策のため、この欄にURLは書き込めません。
URL
 
【185】お恥ずかしい・・・ 【投稿者】kyoo  2007/04/23(Mon) 18:24:20
アニメの題名。。。 間違ってました。すいません<(_ _)>

  ジーニアス⇒ジェネシス

監督、またいつか、続編が出ることに期待しています。
【184】誘発者 【投稿者】飯田譲治  2007/04/23(Mon) 13:43:40
「誘発者」へのコメントありがとうございます。

いつか続編を考えることになるのだろうかとは思いつつ、やはり今回のようなことがないと、それを実現することは難しかったのかも知れません。
「NIGHT HEAD GENESIS」の製作が、新作小説出版の大きなきっかけになってくれました。
小説は、アニメの最終エピソードと同じテーマを扱っていますが、結果的にだいぶ違うものになったと思います。
より多くの方たちに触れてもらえたらと願っています。

>さくらさん
エンドマークまで書き上げることが最初の一歩です。完走すると、次にどうしたら良いのかが、見えるようになります。健闘を祈ってます。

>フォトンさん
「4400」の登場人物たちは一般人という設定なのに、なんの疑問もなくすぐに銃をかまえるところに違和感を感じてしまいます。けっこう好きなドラマなんですけど、4400人が突然出現するというすさまじい現実を体験した人たちが、超常現象に対して保守的な対処をするところが奇妙というか、面白いですよね。
「ミディアム2」は「フェニックスの怪人」のエピソードがいまひとつだったんですが、できのいいエピソードはほんとに面白いんで、二話以降を楽しみにしています。
【183】「誘発者」読みました♪ 【投稿者】kyoo  2007/04/23(Mon) 08:56:02
監督! やっと、ほんとにやっと、N・Hの続編を出してくださってありがとうございます。
待ってました。。。ずっと。 
直也と直人に会いたくて、その後、どんな旅を続けたのだろうかと、ずっと想っていました。

ジーニアスでのお話と同じものなのか。。。と、ちょっと残念な気がしたんですが、やはり小説は違ったふうになってて読み応えがありました。
文字で読むと、あの懐かしい兄弟が蘇えりました。
二人とも、そして御厨も成長していましたね♪
亡くなった藤田さんも、私の頭の中ではしっかりと御厨として生きていました(*^_^*)
【182】No Title 【投稿者】あいか  2007/04/22(Sun) 22:27:57
新刊楽しみです。映画の時豊川さんと喧嘩したエピソードで、豊川さんが「直人は直也を疎ましくなんか思わないはずだ」といって、飯田さんが「自分と豊川の間の認識にずれが生じていた」と思われたエピソードを思い出しました。豊川さんよくぞ言ってくれたとファンは思ったものです。
【177】BS日テレ 【投稿者】KEI  2007/04/15(Sun) 19:59:08
「NIGHT HEAD GENESIS」観ることができました!
GyaO を見られなかったので、とっても嬉しいです(^o^)/
【176】誘発者 【投稿者】pathiqe  2007/04/10(Tue) 22:54:40
新刊の出版おめでとうございます。
19日楽しみにしています。
【175】おおおおお! 【投稿者】ao  2007/04/07(Sat) 03:51:30
新作ですか! 18日位には八重洲とかに行けば買えますかね?
19日、20日と有給とってどっぷり漬かろうかなあ
いや、せっかくの新作。走って読むのはもったいないですか?

盗作の時は、酷かったス。それはもう久しぶりすぎて、家に帰るまで我慢できずホテルに泊まってしまいました。
翌日は会社サボっちゃいました。

あと2週間。楽しみにしてますー

#サイン会とか無いんですか(´・ω・)
#携帯サイトのも是非書籍化を! オッサンに携帯は辛いス。
【174】ありがとう。 【投稿者】飯田譲治  2007/04/06(Fri) 23:11:10
まひるさん、ありがとうございます。

4/19、NIGHT HEAD の続編「誘発者」が講談社より発売されます。
紆余曲折、続編を世に送り出すことになりました。
楽しみにしていてください。
それから、まもなく携帯サイトでぶっとび連載を始めます。
詳細、近々発表しますね。

NIGHT HEAD GENESIS 、DVDレンタル中。
それか、BS日テレで日曜7時に放送中。いや、今週から開始なのかな?
【173】はじめまして! 【投稿者】まひる  2007/03/23(Fri) 00:50:47
はじめまして!まひると申します。

図書館で本棚のタイトルだけを眺めながら、テキトーに借りた文庫本の中に「NIGHT HEAD 1」が入っていました。そうして飯田先生にひたすら申し訳ないような縁で手にしたのですが、意外に面白くてビックリしました!……って、この感想も、なんだか失礼ですね。すみません。

角川文庫の古い版の……なんでしょう?ドラマのイラストなんでしょうか?カバーの表紙もあらすじも、ひと昔前の時代の空気が漂っていて、絶対わたしが読んでも楽しめないのだろうな……などと思いつつも、タイトルが良かったので、ページを捲り始めました。
そしたら、面白い!面白い!
久々に一気読みしました!さらに、歩きながらとか、電車に乗りながらとか、バイトの休み時間とかに、再読してしまいました。普段はどんなにのめりこんだ作品でも、まったく読み返すこともしないのですが。
最後の最後まで息をつく隙のない、それでいて、息切れもしないすごい作品に出会えた!と、感激しました。ストーリーの展開がみごとです。始終ドキドキハラハラしっ放しでした。

ドラマに限らずノベライズ作品はハズレが多いので、そもそもドラマ自体まったく知らないわたしなんかが読んでもな……とか思いつつも、とりあえず買ったり借りたりしたらモッタイナイから読むという貧乏性でよかったです!
初めて、貧乏性でよかった、と思いました。
ビバ・貧乏性!

その後、しばらくしてから、
「どうして、こんなに面白い作品を知らなかったんだ!ドラマを見てなかったんだ、自分!」
……と、猛烈に後悔したのですが、よくよく考えてみましたら、当時の私は小学生でした。当然のごとく、深夜には爆睡してました。あらら。

現在、わたしは大学生です。あの兄弟に年齢が近いためか、どちらの気持ちにもすごく共感しました。ああいう極端な二面性は、誰でも持っているように思います。わたしも然りです。ですから、読み始める前はまったく馴染みのないSFで、古めの作品ということもあり、ちょっと抵抗があったのですが、兄弟の気持ちを追っているうちにすんなり受け入れられました。というか、話に乗れましたというか、話にのめり込みましたというか。
女性としては、やっぱり兄弟が美形というのも惹かれますね。
あと、直也がわかっていて、薬の入ったメロンソーダを飲むあたりが印象深いです。わたしもきっとわかっていてもいなくても、それが自分にとって大切な人の決断だとしたら、その人を哀しませないためのわたしの知りうる唯一の方法だとしたら、受け入れてしまうように思ったので。でも、受け入れることによって、他の大切な人を傷つけるとしたら、どうしたらいいんだろう……と、ぼんやりと考えてしまいました。

SFはなんだか小難しくて胡散臭いと思っていたのですが、そうでもありませんでした。わたしの偏見だったということに、読後、気付きました。胡散臭いのは現実世界も同じですね。

この続きは、買ってから読もうと思います。
近所のレンタル屋さんで見つかれば、ドラマなども観ようと思います。見つからなければ探すまでですが。……ああ、そして、すみません。BBSに書き込んでおきながら、結局借りてるのは申し訳ないような……ですが、苦学生にはちょっと買うには高価なんで。なにとぞご寛容に。

だいぶ世間と遅れながらも、兄弟の行く末を案じています。
それでは。ついうっかり読後の熱に浮かされたような勢いに任せて、書き込みしてしまいましたが、失礼しました。
【171】NHの本質失わざるべし 【投稿者】みゆ  2007/03/12(Mon) 17:16:09
飯田さ〜ん・・・酷いよ〜(涙)
ドラマCD・時の迷子Uについてです。聴きながら上の台詞が何回か口をついて出てきてしまいました。
直也の扱いが酷いではないですか。
森川さんもこのCDについて「直也ごめん」と仰っていらしたし、石田さんの仰っていた「違った」の意味も分かりました。声優さんの方が、流石人気者で分かってるよ、と思いました。声優さんまでストーリーで戸惑わせてどうするんですか〜(泣)
これはドラマ版の7話・8話という、NHの中でも、お気に入りの回はと聞くと常にベスト3に入る大人気の話を合わせてリメイクした物ですよね。
しかもドラマの演出(脚本?)は飯田さんではなかったような・・・。
どうせ再び使うのであれば、そのままにしてやって下されば良いのに何故変えられたのでしょうか。しかも改悪では?
引用するのであれば、それを膨らませれば良いのに・・・。
時の迷子Uでは、直也が邪魔者です。
直也が作者に利用されたように思えたのと、アナウンサーって・・・(笑えるし)
直也ストーカーかよ?怖いよ。 
顔全部が直也って・・・。映像として想像した時ドン引き確実です。
この回アニメ化希望って声よくきいたけど、こんな変わちゃったらアニメ化ならなくて良かったかも。
アニメを見ていてもこういう失笑する所が沢山有って、
やはり脚本が・・・(汗)と分かりました。
顔が一杯というのはアニメでもありましたが、センス・趣味の問題ですが、心理学ではある証拠(不信感?だったか)を意味しているそうですが、脚本をアニメ化・映像化してみて、CDもしらけたり、ファンの視聴者もそうでない視聴者も戸惑うのが目に見えています。ファンの視聴者はその上に失望とか悲しみとか疑問とか歯がゆさとか苛立ちとかつきます。
朝倉友香が高野トモカに変わった、などはありますが、明らかに別物とは言えない話で、7話と8話を合わせた話なのに、
ドラマ版8話では、直也が女の子を蘇らせるのに、これも直人に取られて、何なの〜???と疑問。直人がグワーッと破壊行為しなくても直也は優しく手を握って涙を流して戻したのに。聴き終わってストレスは溜まりまくりました。
苦しみを理解出来るのは直也の専売特許だったのに〜と。
直人の直也化?
で、ここで終わりかい!?と暗いチビショックでした。
ドラマも小説も、直人は直也をうざく感じる瞬間がありました。
でも、口に出して「直也がいなくなればいい」とは本人には言っていません。思っていても。
友香が指摘して、直人は否定します。そして、罪悪感や色々な複雑な気持ちで「ずっと傍にいてくれ」につながります。
今回、客(視聴者)(私)(だけじゃないはず!)の求めるものと真逆のものを提示されました。
成長だ、変化だ、というのなら、その過程を新しく書くべきだと思います。それもなく、同じ物で違う物を出されたら、好きな人の好きな部分が、成長や変化という時の流れや説得力の無いまま別世界として(まるで例の平行世界)提示されてしまったら、当然がっかりで、エンターテイメントの法則では失格(一応3千なんぼ払った時点で)で、「成長?論旨のすり替え、もしくは言い訳だ」と思いました。
アニメの中でもドラマの中でも生身の人間ではないから必要性・必然性はないし、飯田さんの成長?という意味だったのでしょうか。それとファンを裏切る事と、別問題だと思います。これはジャニーズ事務所や宝塚はよく理解して行っています。(もしくはおこなわないでいます)
ある人が「直也に言うべき台詞をトモカに言った」と怒っていましたが。
私は決してBLファンでも所謂腐女子でもないと思いますが、NHだけは必然的な補い合いの兄弟仲の関係性というのが本当に好きでした。今で言う萌えですかね?アニメ版だと、直人が弱くて(その描写と活躍場面多く)直也が強い(ドラマや小説より兄に依存する台詞が多く、頼んでおいて止めるby石田さん)のですが、それとは逆の、ドラマや小説の(精神性と肉体面の)感じが良かったのにな〜。
直也の精神性をもっと丁寧に描けていれば、視聴後に「エログロだけでつまらん」なんていわれず、何となくほんわかと、優しい気持ちになれたと思います。作りによっては。それもそのまま、既にあったのに。
タイトル「悪夢」でしたっけ・・・ドラマ・・・。トモカと直人にとって悪夢なはずが悪夢じゃなくなっている様な印象を持ってしまいました。私には悪夢でした。
角川文庫NH6巻あとがきに「直也が救世主になっている未来が見えるという5巻のラストに、多くの批判が集中した」とありました。
もしかしたら、それ以来、直也を持ち上げる事に臆病になられたのかとか考えてしまいました。あと、飯田さんの女性のタイプについても色々憶測が飛びましたので、タイプが変わったのか、時代で変えたのか・・・それでトモカをあのような役回りに?
5巻のラストへの批判は随分目にしましたが、私は違和感はあったものの、苦情の手紙は出していません。それは新しい創作だからです。
でも、アニメとこのCDはドラマと小説の焼き直しなのに・・・(というか「変更」?)それでいて、NHが何故売れた(ウケた)のかという厳然たる事実を忘却したいかの様に、昔の栄光の改悪のみ。
私は何も、「創造(想像)力無くなったジョージ」とか「時の迷子になったジョージ」とか、そこまでは思いつきませんでした。
ただ、どうせズタボロにいじられまくるなら、全く新しいストーリー考えるとかの方がまだましだった。3枚とも2番煎じですよね。
もう飯田さんにNHいじらないで欲しい!
でもリベンジでNHはやって欲しい!(つまりはまだ大好き)
こんな風に批判されて、NHはもう嫌だ、また十数年たってうるさいファンがいなくなったらね、と言って逃げる(大袈裟)のか、失望したファンの為にサービスする努力をして下さるのか・・・・・。
アニメはもう無理でしょうか。ドラマみたいにアニメのスペシャルとか、
或いはCDでもOVAでも難しいでしょうか。
それが許されたならば、別の人がシリーズ構成と脚本を担当して(アニメのプロで、NHを大切にリスペクトして下さる人が業界にはいます!)もっとお金と力と経験のあるアニメ製作会社が丁寧な絵でやって下さる事を希望します。声はそのままで。
リベンジするなら飯田さんは手放して係わらない。何故かというと、この出来を視て聴いて、周りに意見する人いなかったのかな〜と疑問に思っていましたが、TVドラマや映画の大御所にアニメ界が「ダメだし」できなかったという現実があるからです。製作過程も通常アニメと違ったし、製作もep1と2で変わったし。
係わるなら、何故NHが支持を、人気を得たのか、要素は何だったのか、その「事実」を直視して欲しいです。
つまりドラマや小説を冒涜しないで欲しい。そのままなのに、そのままじゃないんだもん!!!(あ〜上手く表現出来ない・・・)
私は、「どんな形でも再アニメ化等してくれないとジョージへの怒りが収まらない」のではなくて、NHが思い出したくない歯がゆい失敗、になったままなのが残念です。でも、そのうち忘れるかも知れません。それで時々ドラマを知らないアニメファンの感想を目にしてしまった時だけ、また、飯田さんがどうしてこんなにして(なって)しまったのか考える。
ドラマCDを聴いて、「薬物」がドラマそのままだったので、非常に良かったし、満足出来ました。ドラマを見ていない人もそうだった人が多くいました。迷子Tも、フォトストーリーを思い出し、世界観は変わっていなかったのでその点では安心でした。
一方「時の迷子U」を聴いて、アニメ化は絵の雑さと演出のしつこさや悪さにとらわれていたけど、作画と演出だけでなく、シリーズ構成と脚本が(も)やっぱりまずかった(酷かった)んだ・・・と、分かりました。
アニメとしてもそうだし、NHとしても、これは哀しい変化です。
別物と思えばいいじゃん、という人もいますが、NHとついて表明してるんだし、「あの」霧原兄弟だよ、と思います。あの霧原兄弟が、あの霧原兄弟じゃないわけですが。
購買及び視聴ターゲット層はどのあたりだったのでしょうか。
超能力好きにもアニヲタにもBLファンにもそっぽを向かれ、ドラマファンを失望させ・・・。失望の原因はやはり世界観が壊された、ということでしょうか。
角川文庫6巻あとがきには「ぼくはこれで、直人と直也の旅を追いかけるのを終わりにしようと思う。この物語を創っていくことでいろいろなことを学んだし、同時に、今自分が生きているこの世界についていろいろなことを考えさせられた」ともあります。
やはり子離れした方が、NHという名作の為だったのではないでしょうか。
新刊が不安です。「ジョージ、NHをいじって何がしたいの〜!!」という叫びだけはあげたくないし、「何処までファンの想いや夢を踏みにじるの〜」と嘆きたくはないです。でも読みたい。
(私はインタビュアーじゃないので持ち上げませんでした。でもジョージジョージ言ったのは私ではないです。)




[前の10件] [次の10件]

全ページ数 / [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42]
削除フォーム
記事NO
(半角数字)
削除キー