profile History Diary 平和へのメッセージ Book List DVD List BBS Link
BBS
使用方法
Name E-Mail
Title 削除キー (半角8文字以内)
内容  ・適当に改行を入れて下さい。
 ・スパム書き込み対策のため、この欄にURLは書き込めません。
URL
 
【138】楽しみに待ってます 【投稿者】パトラッシュ  2006/11/27(Mon) 23:20:32
飯田先生へ。ご返事ありがとうございます。
「アナン、」の続編はまだ頭の中に咲きかけとのことですが、私は先生と同い年なので老後の楽しみのつもりで気長に待っています。
頑張って下さい。
【137】そこまで低下していたとは… 【投稿者】CHAOSの下僕  2006/11/24(Fri) 19:53:48
 最近、あまり科学系雑誌読んでないので、まさかそこまで低下
していたとは思いませんでした。(数値が下がってるとは、思ってたけど…)
 私も、脳の使用率の低下傾向には気付いてましたが、
そのことを、はっきり、口に出すようになったのは、やはり8年前で、
きっかけは、たまたま目に入ってきた雑誌「週刊宝石」の、サメ肌や鱗のような肌の人が増えているという記事でした。
 見出しなどの大文字しか見ることが出来なかったのですが、そこから、
逆進化(退化)の思考が浮かび、わたしの最終的結論として、
脳使用率の低下に達したのです。
 (たしか、進化速度でいえば、HIVが一番速かったと記憶してますが)
 
 そんな訳で、私の場合は直感的に、「個人差(個体差)にもよるが、最悪5%しか使用出来ていない人達が出てきている筈」と感じていたんです。
 
 今現在の学説の一つになってるという事は、科学朝日あたり検索すれば、
なにか出てきそうですが、書籍版は却下かな。
(初めて手にした時、あまりの文字の細かさ多さ、図解・イラストの無さ、殺風景なモノクロさに、頭がクラクラきちゃったんですよ。全てにおいてニュートンと対照的だったんで)

 ファンの一人になったものとして言わせてもらえば、
2つの相反する感情があります。
一つは、NHGでもNHでも、沢山の人達に知ってもらいたいという気持ち。
一つは、隠れた名作のように、余り知られてほしくないという気持ち…
 たしかに、私は14年前無視した人間ですが、それはあくまで、
理由があってのこと。
 NHGなら、今の高校生・大学生には素直に受け入れてもらえそうな
気がしますね、何せ、キャストが石田さんと森川さんですからー(笑)。
昨日、数人の人達に、NHGの紹介した時、試しにわざと
「声がアスラン(GSD)or真君様(十二国記)と奈落(犬夜叉)orコンラッド(マ王)」と言ったところ、想像以上に反応大でした(爆笑)。ネックなのは放送媒体かな。
 私の地元の友人たちには、DVDで見せるつもり。20日発売だから、
年末年始の帰省に間に合うし。もう一ヵ月ないんですよね。あーでも、兄に取られそう「貸せ!」とか言って…(汗)。

 ドラマCD楽しみです。
【136】5% 【投稿者】飯田譲治  2006/11/24(Fri) 15:56:22
あれは、医学的に5%という説があるので、脚本にプラスしました。

アニメ版は、小説から発展させているところもけっこうあります。
これから広がっていってくれるとうれしいですね。




※URL欄を空欄にして書き込んでください。
【135】先生、今しがたNHGep15みたんですけど… 【投稿者】CHAOSの下僕  2006/11/24(Fri) 00:15:09
 確認なんですけど、NHGの脚本、先生御自身がなさったんですよね…。
 あのー…、小説にはない御厨のTV版のセリフなんですけど、
今日、イベント会場で見つけた、NHGの話題で会話出来た相手の方に、
私が話した内容と、殆ど同じのがあって、びっくりしてしまいました!。
 『現代では5%…』のくだりのトコロです…。
 そのせいで、今、頭ん中で『なんで…? どうして…?』という疑問しか
浮かびません(本当に…ため息しか出ないし)。

 先生は何故、セリフの追加をされたのですか?知りたいです。
 是非とも、そこのところをお聞かせ頂けたらと、思います。
(TV放送後、小説まだ1通りしか読んでないないので、4巻出して確認してしまいました。やっぱり、ありませんでした…)。

 先生と先生の作品の知名度って、どのようなモノですか?
 今日のイベント会場は、関東の一応県庁所在地開催なのに、
余りにも知名度低過ぎるような反応ばかりで、寂しかったです。
【133】CL 【投稿者】endy  2006/11/23(Thu) 22:44:39
Jも熱いですが、俊輔のFKは凄かったですね。
マンU相手に決めたもの更にGoodです。
CLも期待したいですね。
【131】ゆうしょー 【投稿者】まい  2006/11/23(Thu) 21:08:50
ふろんたーれがいいです。
【130】監督があの美女をパリで…… 【投稿者】西田シャトナー  2006/11/21(Tue) 23:13:30
『プラダを着た悪魔』を、僕、妻とともに見たんですよ、監督。
すると、監督が、アン・ハサウェイをくどきまくる、色男のエッセイスト役で出てるじゃないすか!
うらやましいなあ……アン・ハサウェイいいなあ……
【82】ラジオ 【投稿者】飯田譲治  2006/07/24(Mon) 00:45:22
ラジオを聴いてくれた方々、ありがとうございました。

ぴょんさん、「盗作」読んでくれてありがとう。
【81】深夜に 【投稿者】ぴょん  2006/07/23(Sun) 04:17:55
たった今、「盗作」を読み終えました。
自分に必要な時に、と、すぐには買わずにいたものを、先日、「今だ」と思い購入したものです。

読了まで4〜5日かかったでしょうか。
下巻の途中で大きな感情の嵐はありましたが、今は静かな気持ちです。

創作というものがどこから来るのか?どうすれば情報をキャッチすることが出来るのか?それを受けることが出来たとして、それをどこまで正直に書き表すべきなのか・・・?
そんな余計なことを考えていた私にとって、ある意味主人公は羨ましい存在でもありました。
強烈な嵐に引きさらわれるようにして、何の計算も打算もなしに創作の衝動に突き動かされるような状態は、物を作りたがっている人間にとっては、憧れだと思います。
それが、結果的にどんな状況を生もうとも。

おとといの深夜でしたが、途中まで読み進めて、酔った勢いもあって、感情の蓋が開いてしまいました。
もどかしい思いと、宗教の歴史なんかを、深夜、親に向かって延々とぶちまけたらしい私は、それでも、自分で表現したいものを、どこまで、どんな形で、と、いつもセーブをかけ、計算しつつも答えを見つけられずにいます。

でも、最後まで読ませていただいて、以外にも泣きもせず、静かな心持で本を閉じることが出来たことによって、何かが変わりそうな予感がしています。
「アナン」を読んだ時のような、引き込まれるような情景もなく、「ナイトヘッド」の時のような重い疑問もありません。
「盗作」は、もう一度読んでみないと、自分にとってどんな影響を与えるものなのかも、正直まだ分かりません。
でも、もしかしたらこの静寂さこそが、何かを変えていくのかもしれない、といった、漠然とした感覚はあります。

創作への誘いもまだ感じないけれども、これから、書きたいものを書いてみる時に、今までよりも素直に、ただ書きたいものを書いてみたい、という気持ちはあります。
ずっと、ここ最近、自分でも、他の人に指摘されることも多かった<制限>あるいは<無駄な計算>を、ある程度拭い去ることが出来るかもしれません。

NHから12・・・・・・13年?もっと???経って。
分からなかったはずのことが、今は当たり前のように感じることが出来るようになって、さらにそれを自分でも表現したくて堪らない私がここにいます。
多くの人の目につくようなことは無くても、いただいた影響を、縁も恩恵も、大切にしていきたいと思います。

また、素敵な作品をありがとうございました。
機会があれば、作中の小説を書き表したものに、いつかまたお目にかかれたら嬉しく思います。

ベーコンは食べなくても、自分なりの理解と経験を、積み重ねて行きたいです。
【80】間に合った〜! 【投稿者】tasuki  2006/07/22(Sat) 11:30:00
ラジオ最終日に会社の送別会があって、終電の一つ前までに家に着けるかな・・・と思いながらもなんとか間に合いました。(零時はすぎてましたけども・・・)
沙粧妙子のサントラ、実は持ってるんですよね。なんかマニアック。
でも楽しみながら聴いてました。

[前の10件] [次の10件]

全ページ数 / [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94]
削除フォーム
記事NO
(半角数字)
削除キー